研究業績

リハビリテーションは、治療・システムとも格段の進歩をしています。医療は常に進歩を続ける必要があります。
特にリハビリテーションは、他の医療に比べて比較的新しい分野の医療であり、今後さらなる飛躍が期待されています。
当院では、より良い、質の高いリハビリテーション医療の提供のために臨床での研究活動を積極的に行っています。

学会発表

最近発表した演題名

  • 脳卒中後dysarthria患者の発話明瞭度評価と発話明瞭度との関係性
  • 訪問リハビリテーション利用者における社会参加の中断要因 -サービス終了後の追跡調査を用いた質的研究-
  • 歩行能力の向上を希望する進行がん患者への目標指向型アプローチの有用性-事例報告―
  • 頚髄損傷後の上肢運動障害に対する機能的電気刺激と外骨格型ロボットを併用した課題指向型練習の効果:シングルケースシリーズ
  • 脳卒中後の足関節背屈不全に対する機能的電気刺激とトレッドミルトレーニングの併用が歩行速度および歩容に与える影響:シングルケーススタディ

掲載論文

最近発表した論文

  • Predictors indicating the continuous need for a knee-ankle-foot orthosis in stroke patients at 1 month after onset
  • Unveiling the Impact of Outpatient Physiotherapy on Specific Motor Symptoms in Parkinson's Disease: A Prospective Cohort Study
  • Effects of postural-control training with different sensory reweightings in a patient with body lateropulsion: a single-subject design study
  • Anorexia assessment using the Simplified Nutritional Appetite Questionnaire and its association with activities of daily living in patients with stroke
  • Shared decision-making in physiotherapy: a cross-sectional study of patient involvement factors and issues in Japan

講演

最近実施した講演

  • 患者の価値観を踏まえた物理療法の意思決定に向けて
  • 物理療法全般の最前線
  • 要介護高齢者における社会参加の特徴
  • 訪問リハビリテーションにおける生活機能再建へのアプローチ
  • 脳卒中片麻痺の病態メカニズムに基づく電気刺激の臨床展開

受賞歴

最近の受賞歴

  • 第21回日本神経理学療法学会学術大会 奨励賞
  • 第1回日本老年療法学会学術集会 優秀賞
  • 第30回奈良県理学療法士学会大会長賞, 学術奨励賞
  • 第29回奈良県理学療法士学会 学術奨励賞・学会長賞
  • 第25回ペインリハ学会学術大会最優秀賞