研究業績

リハビリテーションは、治療・システムとも格段の進歩をしています。医療は常に進歩を続ける必要があります。
特にリハビリテーションは、他の医療に比べて比較的新しい分野の医療であり、今後さらなる飛躍が期待されています。
当院では、より良い、質の高いリハビリテーション医療の提供のために臨床での研究活動を積極的に行っています。

学会発表

最近発表した演題名

  • トレンデレンブルグ徴候を呈する人工股関節全置換術後症例に対する筋力発揮率に着目した病態分析と介入の検討
  • 運動失調を合併する脳卒中片麻痺患者に対する中殿筋・大殿筋の機能的電気刺激の試み
  • 社会参加に対する介護予防教室の効果の性差 -男女に適した介入を目指して-
  • 両側全人工膝関節置換術後症例における術後疼痛の病態に合わせた多角的介入の効果:症例報告
  • 脳卒中患者における自力歩行に必要な下肢運動能力の検討:後ろ向き研究

掲載論文

最近発表した論文

  • Interaction between spatial neglect and attention deficit in patients with right hemisphere damage.
  • Changes in Trunk Variability and Stability of Gait in Patients with Chronic Low Back Pain: Impact of Laboratory versus Daily-Living Environments
  • Kinematic changes in goal-directed movements in a fear-conditioning paradigm.
  • Reliability and laterality of the soleus H-reflex following galvanic vestibular stimulation in healthy individuals
  • リハビリテーション医療における共有意思決定尺度の開発-理学療法領域における信頼性・妥当性の検討-

講演

最近実施した講演

  • 訪問リハビリテーションにおける生活機能再建へのアプローチ
  • 脳卒中片麻痺の病態メカニズムに基づく電気刺激の臨床展開
  • 臨床で学術活動をどのように推進・実践するか 回復期での臨床学術活動
  • 臨床における研究と地域支援の教育的意義
  • 地域包括ケアにおける理学療法士の現在位置

受賞歴

最近の受賞歴

  • 第25回ペインリハ学会学術大会最優秀賞
  • 第60回近畿理学療法学術大会 優秀賞
  • 第13回日本訪問リハビリテーション協会学術大会 最優秀賞
  • 第16回日本神経理学療法学会学術大会 奨励賞
  • 第10回奈良県作業療法学会優秀演題賞